after effects

after effect 背景が透けるように書き出してみた。

はい、どーもたかぽんです!

今回は前回問題になった背景透過しなきゃ問題の解決をしていこうと思います!

使うのはadobe after effects, adobe premire, adobe media encoderです!

 

 

ちなみに前回作った動画がこちら。

これ作ったのは良いけど、例えば他の動画の上に重ねようとしてもうまくいきません。

だから、じゃーうまくやってやんよ!

っていうことをしていきます!

わかりやすいように本記事ではこっちの動画を上面動画と呼びます!

前の記事やるのめんどいんだよぉ!って方は下準備終了後でデータを配布しますので、お使いください♪

 

くっつけるのはこちらの動画。

この動画の上にさっきの動画の”文字のみ”を載せたいと思います。

もちろん、光エフェクトはつけたまま。

わかりやすいようにこっちを背景動画と呼びます。

下記からダウンロード可能なので、お使いください。

 

 

完成イメージ

理想としてはこんな感じです。


このように、背景動画の上に、上面動画の文字のアニメーションだけを重ねる。

ということをしていきます。

ちなみに、こういう風に一つ一つの文字や模様のアニメーションを作成し、後から動画にまとめて上乗せすることで、最近でいうボーカロイドやらネットでよくみる動画広告なんかのあの感じがだせるかと!

 

 

Step1:下準備

まず、前に作成した上面動画のままだと、中央に揃えてしまっていて、背景動画の文字と被ってしまいます・・・。

ので、少し下の方に移動します。

after effectで開いて、文字を選択、そして十字キーの下あるいは、クリックアンドドラッグで下の方へずらしておきます。

最後に、右上の整列の項目を開き、左右のみ中心に揃えます。(十字キーでやった人はずれてないのでしなくてOK!

これで下準備は完了です。(早w

 

前回記事を踏んでない方向けに、この時点でのデータを以下で配布しています。

ダウンロード後、aftereffectでデータを開いて、Step2へ進んでみてください。

Step2:書き出し

レンダーキューに追加する

早速透過できるように書き出していきます。

ファイル→書き出し→レンダーキューに追加 を選択します。

 

そうすると、下の方にこのような項目が出てくると思います。(レンダーキューと呼ばれてるみたいです。

 

〜cut_01.movをダウンロードした方〜

レンダーキューに追加をすると、このようにすでに上に一つできているかもしれません。

僕が一度レンダリングをした履歴が残ったままになっているだけなので、ステータスが”完了”になっている方のcut_01の上でクリックして、バックスペースで消しておいてください。

 

出力の設定をする

では、話を戻します。

まずは出力モジュールの青文字の”ロスレス圧縮”というところをクリックします。

すると、このような出力モジュール画面が開きます。

この中のビデオ出力のチャンネルとカラーを以下のように設定します。

できたらOKをクリックします。

そして、レンダーキューの項目の右側にある出力先の青文字をクリックします。

こんななってるところです。

今回は前回の動画cut_01を透過(invisible)するのでcut_01_invにしてみました。

保存先はわかりやすい場所で、今回はデスクトップにしています。

ここまでできたら、あとはレンダリングをするだけです。

レンダーキューの右上あたりに”レンダリング”と書かれたボタンがあると思うので、そこをクリックします。

そうすると、レンダリングが始まり、終了時にSE(効果音)が流れます。

デスクトップをみてみると・・・?

ありました。こんな感じです。

 

 

完成ファイルの変換

ここで、さっきのファイルをダブルクリックしてください。

すると、最初に”変換中…”となってすぐに動画が見れるようになります。

ところが、名前はcut_01_inv(変換済み).movと少し変わっているかと思います。

このファイルを改めて保存します。

名前もそのまま保存します。

これで書き出しはOKです。

 

Step3:二つの動画をまとめる

さて、それではadebe premireを開いてくっつけていきましょう。

プレミアを開いて新規プロジェクトを開きます。

すると、以下のような画面が出ますが、適当にプロジェクト名を書いてからOKを押します。

今回はpracticeとしておきました。

 

プロジェクトが作られると、このような編集画面が立ち上がります。

今回はあらかじめある素材どうしを足し合わせるだけなので、ほとんどの昨日は使わずにいけます!

先ほど下準備にて用意した上面動画とあらかじめ用意していた背景動画をドラッグアンドドロップで画面内にドラッグします。

上記画像の赤枠の部分にドラッグします。

すると、動画が二つ入ったのがわかるかと思います。

そしたら、今度は中に入っている動画を重ねます。

V1の方がレイヤーが後ろ(後ろの方に表示される)ので、透過効果をつけたcut_01_invをV2に入れましょう。

真上に重ねるようにすればどちらも3秒間で書き出しをしているのでぴったりになるはずです。

ここまでできたらスペースを押してみてください。

どうですか?良い感じに動画が再生されました・・・?

上面動画の文字の部分だけ重なってますね!

 

それでは最後に書き出しましょう!

ファイル→書き出し→メディア…

 

こんな画面が開くと思います。

 

この画面の書き出しの設定の中の以下の形式がH.264になっているのを確認して、出力名をクリックします。

今回は混ぜ合わせたのでmixed.mp4という名前にしておきます。

保存場所はわかりやすいようにデスクトップにしておきました。

保存をおして、右下のキューをクリックします。

これですね!

ここをクリックするとMedia encoderが立ち上がって、以下のようなものがキューに追加されます。

確認したら、右上の緑の再生ボタンを押してください。

blog2というやつは僕が前に作ったやつなので、皆さんにはないはずです。

エンコードが終了したら、デスクトップをみてみましょう。

ありましたぁ〜!

再生してみましょう!

うまく再生されれば完成です〜!

ちゃんと”たかぽんの〜”の文字だけに光エフェクトがかかっていると思います。

 

まぁ・・・。本来は最初に被ったまま重ねてる文字が見えてしまうのはデザイン的にどうなの・・・?w

ってのがあるので、作品としては微妙だと思うんですが、今回は透過できているかの確認が目的なのでよしとします!

例えば数秒経過してから”たかぽんの〜”をフェードイン(全く見えない状態から少しずつ濃ゆくしていく)させる〜とかするとよりおしゃれになりそうですね!

このように、細かいアニメーションを施した文字列や模様をたくさん組み合わせたりして、完成した動画をYoutubeやらニコ動やらに上げていく〜っていう感じですね!

本当にきほんの”き”の部分だとは思いますが、透過させることができました。

 

単純にいじってて楽しいですね!aftereffect!

一年間ほど無償で使わせていただける予定なんですが、その後月額課金か、購入とかしちゃうかもしれないですね・・・これは・・・w

っと、いうわけで!今回はここまで!

それでは!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください