未分類

アメリカ初日

どーも!たかぽんです!

12/02〜12/9までアメリカ、ニューヨークに行ってきましたぁ!!!

と、いうことで、覚えている範囲で日記書いていこうかなって思います!

日記も踏まえてこういうところ注意しとけば良かったなぁって思えることも書いておきます。

次回海外やニューヨークに行く際に参考にできるように!

・前日までにやっておきたいこと、やらないといけないこと。

ここではアメリカに行くにあたって、渡米前にやっておきたいこと、やらないといけないことを書いておきます。

もちろん、人や状況によって変わってくる内容もありますし、他の国になると事情が変わる場面もあるかと思うので、最終的にはご自身で確認するようにしてください。

・パスポート作る

これがないと話になりませんね。

僕は今後もいっぱい海外にいきたいなぁと思っているので去年ベトナムに行った際に10年間有効なパスポートを発行しました!

5年、10年のものがありますが、難しいことは抜きにして、値段的にも10年のものを選んでおけばコスパ的に良さそうな気がします。

成人している方なら10年のものをおすすめしておきます。

また、パスポートを取ったら忘れずにコピーしておくと便利ですね!

なにかと海外ではIDの確認のためパスポートの提示を求められる機会がありますので、そういう時にオリジナルのパスポートではなく、コピーを見せた方が安心です。

・大学でやらないといけない書類や講義を受ける!

今回大学の交流プログラムという形で行ったので、もしも同じ境遇の方がいれば海外へ行くにあたり、書かなければいけない資料や、奨学金を出してもらえるならそれの資料など用意する必要があるかもしれません。

ここは大学によって違うと思うので、学務の国際課等に確認を取るようにしましょう!

・ESTAの申請(ビザを取らない場合)

ESTAとは、簡単にいうとアメリカきてもええでっ!って承認してもらうやつですw

ビザも同じく承認してもらうものなんですが、ESTAの方が比較的楽に申請できますし、お金も安くてすむようなので、ESTAの条件をみたいしているならばESTAで済ませたいですね!

詳しくはこちらから。

ESTAとビザの違い。どちらを取得すればいいのか

僕の場合、大学の方からESTA申請するように!って言われました。

以前ベトナムに行った時はビザ取得したんですが、一万ちょっとの手数料がかかったので・・・助かりますね。

ちなみにESTAも無料ではなく、14ドル(およそ1500円くらい)です。

支払いはクレジットカードのみのようです。

ただ、海外へ行くとなんだかんだ現金が足りなくなったり、結局大きい買い物の時はクレジットカードの方が便利です。(ポイントもつきますしね!)

なので、持っていない方は作ってしまうのをおすすめします。

ちなみに僕は大学生ですが、楽天カード(メインカード)とコスモザカード(車のガソリン用、サブカード)を使ってますね。

・国際学生証を作る

結局僕は使っていないのですが・・・。

国際学生証ISICを持って行きました。

割引できるメトロポリタンミュージアム、行きたかったんですが結局行ってないんです;w;

渡航先にもよりますが、割引が効きそうなところとかあるならぜひおすすめしておきます。

ただ、これに関しては必須ではないです。

意外と使える場面は少ないですし・・・w

まぁ、持っているだけでちょっとできる人オーラはでるかも・・・?w

あとは身分確認に使えるのは便利かもしれません。

手数料も少しかかりますし、余裕があったら取っておくといいかもね?って感じです!

31歳未満の方は青年verもあるようです。

詳細はこちらから。

ISIC 国際学生証

・日程確認!

僕はぜんぜんしてなかったんですけどっ!w

どこの空港へいって、どこへ行かないといけないのかとか、いついつにどんな授業があって、どこに暇な時間があるのかとかしっかり把握した方がいいですね・・・w

今回は一緒に行ってくれた方々が優秀すぎてほとんど付いて行きました・3・

でもなんだかんだ忙しくてあんまり回ったりできなかったんですよねー・・・。

・航空券の予約

今回は大学経由での申し込みだったので細かい手続きは大学側が旅行代理店に頼んでやってくれました。

僕がやったことはもらった支払先にお金を振り込むことくらいです。

・海外保険

今まで計二回海外へ行ったことがありますが、まだ保険を使うほどのことないですね。

でもでも、やっぱり何かがあった時に怖いですよね・・・。

っていうことで、何かしらの海外保険には入った方がいいかと思います。

クレジットカードに付帯しているものもあれば、別途短期間の日程で保険を使用したりもできるので、確認してみてください。

大学のプログラムで行くのであればほぼ100%入らされると思います。

・前日にやったこと!

ここでは前日にやっとことをメモっときます!

とはいっても、ほとんどしてないですけども・・・。

・荷造り

洋服と最低限のものは前からスーツケースに入れて用意していましたが、明日の朝に食べる朝食や、スーツケースとは別のリュックサックの中身を準備しました。

向こうにいる人たちに配るキットカットも買いに行きましたw

・確認!

荷物、空港までの時間等の最終確認!

忘れ物はないか?明日は何時頃に家を出てバスに乗って〜この時間に空港につく!というイメージトレーニングを!

・睡眠

しっかり寝ましょう!!!!

・12/2アメリカ初日!

と、いうわけで!やってまいりました渡米の日!

ルート的には一度台湾を挟んでアメリカへ行きます。

乗り換え無しの便が理想ではあるんですけどね・・・。

異常に高いので今回はエバー航空の便を選びました。

・空港へ向かう!

まずは忘れ物がないように!

空港へ向かいましょう!

すごい個人的には3時間前に着いて搭乗手続きを終わらせて、保安検査を済ませておきたいですね。

搭乗口の急遽変更等もあるので時間に余裕を持って行動したいです。特に国外に行く場合は。

・換金

空港へ着いたら必要があれば、日本の貨幣を海外の貨幣に換金しましょう。

ただし、場合によっては日本国内の別の換金所や、海外の現地にある換金所の方がレートが良かったりします。

ですので、これまた行き先によりけりですが、一度ご自身で調べてみるといいかと思います。

アメリカの場合日本国内の換金所の方がレート良かったみたいですが、時間もあまりなかったですし空港でいっかって感じでしたw

正直、大金を交換するとかでなければそんなに気にしなくてもいいかとw

今回は1週間程だったので、結構贅沢して1日一万くらいかなぁ?と7万円分(確か600ドル程)換金しました。

ただ、これでも多いかもしれませんw

基本的に海外の飲食店含め、コンビニやスーパーマーケット、お土産やさんはほぼクレカで支払えます。

NYの地下鉄メトロカード(1週間30ドルくらいで乗り放題のやつ)もクレカで支払えるくらいでした。

他の人で100ドルしか持って行ってない人もいましたね・・・w

ただ、現金をたくさん持って行って良かったなって思えることもありました。

特に団体で行っている場合(今回は8人で行きました)に割り勘をしたい時です。

レストランやお店での割り勘は言えば一人ずつクレカを切ってくれたりもするのですが、一例として、他の人が授業を受けている間にブロードウェイのチケットを買いに行ったことがありました。

その時一人59ドルだったんですが、もちろんそこにいない人の分は建て替えないといけません。

すると59ドルをあとでもらう必要があるのですが、クレジットカードしかなかったら貸してる人がほしいものを59ドル分買ってあげる・・・のは面倒ですよねw

紙幣があればすぐに20ドル札3枚渡して1ドル貰えば済む話です。

レストランやお店でも混雑時に大人数が一人づつクレカを切るのもあんまりよくないと思いますしね・・・。

一人がクレカを切って後から一人づつのお金をもらうのが一番かと。

レシートはどこもだいたいもらえると思いますから。(最悪メニューを写メっとくと安心ですね。)

なんだかんだ最後の方は現金不足感がありましたね・・・。

ただし、現金は無くしたら一発でお釈迦ですから、それは念頭においておいてください。

ポケットに入れる1日分のお金を入れた財布と、残りの多くのお金を入れる財布で分けて、リュックサックの奥深くに忍ばせておく、ジャケットの内ポケットに入れておく等、対策を取るようにしましょう。

・チェックイン(登場手続き)

空港に到着し、換金を済ませたらチェックインです!

チェックインは各航空会社(チケットを購入した時にどこの航空会社のものか選んでいると思います)のカウンターへ行きます。

e-ticketの控えとパスポートを見せれば航空券がもらえるはずです。

e-ticketみられてない気がしましたが・・・。

まぁ、でも一応eticketも持っていきましょう!(最悪忘れても並んでみましょう!行けるかもです!

また、自動チェックイン機がありますが、あれめっちゃ使いづらいのでやめたほうがいいかもです・・・。

パスポートを読み取って、そのあとに滞在先の住所を入力させられたり、全部入力なんか違ってだめだったりw

結局係員の人が来てやってくれましたけど・・・w

自動化して向こうとしては楽になってるかもですが、ユーザーには使いづらすぎて二度と使いたくないなって感じましたね・・・。

というかその使い方の説明に対するコストの方が大きいのでは・・・?w

まぁ、いっか。

・保安検査場

はい、来ました飛行機乗る時の最大のドキドキポイント!

決して悪いもの持ってないし、そんなこと考えていなくてもめっちゃどきどきしません!?

国内ですらドキドキしてしまうそんな僕ですw

基本的には液体の持ち込みは厳禁!(ペットボトルや香水、タバスコなどの調味料なども)

日本から海外へ出る際は液体に特化した検査をしてくれるかもしれません。(のみかけでも機内へ持ち込めるかも?)

日本の国内線ではよくしてくれますよね。

その場合、あらかじめ飲みかけのペットボトルを外に出しておくとスムーズに行けると思います。

ただ、やはり確実なのは機内持ち込み時には液体は持ち込まず、保安検査終了後に飲み物を買って持ち込むのが一番です。

もしも保安検査場に液体を持ち込むのであれば捨ててもいいという覚悟で持ち込みましょう。

また、もう一つよく言われるものはパソコン、タブレットです。

カバンなどのX線を取る時に邪魔になるから取り出してくれと言われるのですが、入る前に別のケースに取り分けて入れておきましょう。

別途記載しますがリバティ島へ行く際のフェリーに乗る時にされた保安検査ではパソコンだしてっていわれて、なんか色々されてた・・・なんでぇ・・・?w(いまだに理由はわからず・・・w

たぶんテロ対策かな・・・?

あとは身につけている金属類を全て外してゲートを通りましょう!

・搭乗口で飛行機を待つ

次にすべきことは搭乗口まで行くこと!です!

基本的にはチェックインカウンターでもらった航空券に記載されているGATEや搭乗口(1,2,3やA-1,B-2,C-3などがある)がその便の搭乗口(実際に乗る所)です。

ただし!ごく稀にですが、搭乗口が急遽変更になる場合があります!

国内線のLCCでも一度経験したことがありました・・・。

航空券に記載されている搭乗口で待ってても一向に人が増えない・・・。

え?とおもって電子掲示板をみると別の搭乗口の番号がっ!!!:(;゙゚’ω゚’):

登場する1時間あるいは30分前くらいになっても人が集まっていない、登場が始まっていない場合はちょっと警戒した方がいいです。

付近に電子掲示板があり、そこで自分の搭乗券に記載されている便を探し、搭乗口を再確認しましょう。

今回はなんの問題もなくいけました♩

・飛行機!

なんか適当に暇つぶししよう。

携帯フライトモードにするか、電源切ります。

ほんと暇です。

映画みれました。

ご飯でました。

美味しかったです。

困ったらチキン、アップルっていっとけばご飯とアップルジュースもらえます。

・台湾着

今回は台湾経由のアメリカ行きなので一旦台湾へ着陸します。

早速ですが一度保安検査があります。

トランジットなので搭乗口間の移動だけでいいならいらない気もしましたが・・・必要でしたね・・・。

ただ、入国検査はありませんでした。

人生初のタピオカジュース飲みました。美味しかったです♩

支払いは元だったんですが、手持ちはドルと円しかないのでクレカで支払いました。

おばちゃん日本人慣れしてて肉まん!肉まん!ってアピールしてきましたw

友達がちゃんと買ってあげました♩

それからは空港内を少し散策して次の搭乗口でポケモンGOしましたw

この時点で海外なので日本のキャリアでの通信(docomoやau、ソフトバンクなど)はできず、WIFIでの使用になります。

(海外ローミングすれば使用は可能ですが、通信料が高いので非常事態以外は使用しないようにしましょう。)

いざアメリカへ!

・JFK国際空港

台湾の台北からアメリカまでは14時間ほどかかりました・・・。

ほんとこの区間結構きつかったw

降り立った時は腰が痛いの痛いの・・・。

機内食は二回ありました。

映画やテトリス、碁、チェス、ボーリングのゲームなどやり放題だったんですが・・・。

イヤホンがどっか行っちゃって終始ゲームを片っ端からやって暇潰ししてましたw

前半は好奇心でなんとかなったけど後半はもうほんと暇で暇でw

なんだかんだアメリカへ到着、その時点で夜10時だったので、すぐにタクシーを捕まえてホテルへ。

タクシーは空港にイエローキャブ(黄色いタクシー)を手配してくれる場所があるから、そこへ行って4人、YMCA in マンハッタン!みたいな感じで言いました。

すると大きめのタクシーがきて、陽気なおじさんが荷物を積んでくれました。

残りの四人はUberを呼んでそっちにのったっぽいです。

こっちのおじさんは結構よく喋ってくれる人で、途中英語の講義がはじまりましたw(もちろん英語でですがw

日本の高齢化についても話してましたw

すごいいい人に出会えましたよっ♩

聞くところによるとJFK国際空港からマンハッタン(の範囲内)まではどこでも52$でいけるとのことでした。

逆もしかりとのこと。

後から調べてみましたが、確かに決まっているようです。

JFKから各地へのタクシーの価格表

四人だったので一人13$ほどですね。

ただし、これにチップを加えるとおよそ15%〜20%程度なので60$ちょっとですね。

一人15$程度と考えてもらえれば大丈夫かと思います。

支払いはクレカでも可能です。

クレカの場合、支払いの途中でチップの%を選択できる(確か15%,20%,25%くらいだったかな?)ので、対応やありがとうの気持ちを込めて見合ったものを選びましょう。

一つだけ注意すべきことは、イエローキャブでもたまに足元をみてくる人がいます。

帰りのお話ではあるのですが、マンハッタン~JFKまでtip込みではあるものの80$せびられました・・・w

マンハッタンまでというのは呼んだ時点で知ってたと思うんですが、四人いるから・・・?か嫌な顔をしながら・・・80$ならいいよ?って言ってきたんですね・・・。

友人がyesと行ってしまったのでそのまま乗ったのですが・・・。

一律52$、チップが10$程とすると差分の20$程はその人の飲み代にでもなったんですかね・・・きっと・・・。

そういう人に限って移動中は無口でつまんないんですよね・・・どうせなら行きのおじちゃんに追加でその20$あげたかった・・・。

もしちょっとおかしい料金だな?って思ったらしっかり講義するか別のタクシーを呼んでもらうといいかもです。

それからは無事にホテルに到着して、ホテルのチェックイン。

パスポートを見せて、扉のカードキーをもらって、部屋へ・・・。

今回宿泊したのはVander bilt YMCAというところでした。

いろいろとトラブルもあったのですが、それは二日目に書こうと思います:(;゙゚’ω゚’):

初日の感想ですが、う〜ん、飛行機疲れすぎてアメリカ堪能する前に気づいたら寝てたって感じですwww

タクシーのおじさんがめっちゃいい人っていう印象が強すぎて強すぎて。

いい出会いができました♩

それではまた時間のある時に2日目についても書いていこうと思います。

でわでわ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください