AshTale

コメント・エモーション・撮影モード・Auto設定 Ash Tale 〜風の大陸〜

ここでは画面下部のコメント・エモーション・撮影モード・Auto設定について解説していきます。

多くの人にとって一番よく使うのはコメントだと思います。

では、早速みていきましょう!

コメント

コメント画面では5つのチャンネル(チャットの種類のようなものです)があります。

世界チャンネル

ここで発言をすると同じサーバーの人たちみんながその発言を見ることができます。

逆に、フレンドでも同じギルドでもパーティでもない人の発言を見ることもできます。

その性質から、頻繁にギルドメンバー募集やグループメンバー募集が行われていますね。

ただし、グループメンバー募集に関しては別途それ専用のチャンネルもあります。(あとで説明します。

あとはチャットが好きな人が雑談をしている光景も。

ギルドチャンネル

 

ギルドチャンネルでは所属するギルドメンバーがギルドチャットに対して発言をしたらみることができます。

逆に自分がギルドのメンバーのみに対して発言をしたい場合はここを使用するといいですね。

システムチャンネル

システムチャンネルでは経験値やアイテムの取得情報や、他プレイヤー(赤の他人含む)がレアアイテムを取得した等の情報が通知されます。

基本的には邪魔になることの方が多い気が…

基本僕は非表示設定にしています。

周辺チャンネル

ここでは自分がいるMAPの周辺にいる人たちに対して発言をすることができます。

使いどころとしては、お礼を言う前にリーダーがパーティ解散してしまった!なんて時にありがとうございましたと伝えたり、違うギルドの人たちと2PT以上でボスに挑んだりする場合…(今の所そんな場所はないですが…

です。

”周辺”がどこまでを指しているのか正確に把握できていませんが、今画面上に見えている範囲程度でしょうか…?

後々調べていければと思います。

ただ…、基本的には使わないことが多いです。

先ほどのお礼の挨拶の場合も、後述するエモーションを使用すると楽です。

注意すべきなのが、周辺にいるプレイヤー全て(PTギルド関係なく)に聞こえてしまうので、恥ずかしいお話や秘密のお話など、聞かれたくない話は控えましょう。

 

PT(パーティ)チャンネル

パーティチャンネルではパーティの人と会話をすることができます。

パーティの人にのみなにかを言いたい場合に使用しましょう。

また、パーティ募集の通知が常に流れています。

参加したいものがあれば参加ボタンを押すことで参加申請を送れます。

 

エモーション

エモーションとは、感情っていう意味なんですが、その通り気持ちを表すスタンプやアクション(動き)などを使用することができます。

使い方は画面下部のエモと言う箇所をタップ、左側の顔文字、動作、遊びの中から好きなものを選びタップすることで使用可能です。

基本的に全ユーザーに対して見えていると思われます…(グループチャットのみにスタンプが見えるようにする…とかが出来るかわかりません…)

顔文字

顔文字とありますが、文字ではないですね…w

普通にスタンプです。

現在は5つのスタンプがありますが、今後増えていく可能性が高いでしょう。

イベントで限定だったり課金限定の顔文字やとか出てくる可能性も大ですね…

動作

動作はキャラクターに座ったり、がっかりしたりする動作をさせることができます。

また、背景が茶色っぽいものと黒っぽいものがあり、茶色っぽい方は使用可能です。

黒っぽいものはまだ未開放で実績値を貯めることで開放されていきます。(新規カード入手などで入手可能

遊び

遊びでは様々な遊びで遊ぶことができます。

現在確認している時点ではじゃんけん、サイコロ、花火の三種類を確認しています。

今後さらに追加される可能性大ですね。

また、じゃんけんは何度でもできますが、サイコロ、花火は今の所王国イベントにて取得したアイテムを使うことでできるようです。

詳細は王国イベントのページを参照してください。

 

エモーションお試し動画

エモーションを一通り試してみます。

最初は通常のモードで、一通り、その後撮影モード(後述します)でみやすいようにやっています。

 

 

最後の方で招待が入ってしまってますが許してくださいw

トラブルはつきものです!(撮り直せよ

 

 

撮影モード

撮影モードでは風景効果(花びらや紅葉を舞わせたり)や、エモーション、動作などを実行しながら写真撮影ができます。

 

 

風景効果

 

紅葉の木漏れ

 

 

 

ハート

 

 

 

さくら

 

 

 

ホタル

 

 

 

ズーム

ズームをすることでキャラクターにカメラを近づけ、キャラクターの表情や服装などをより鮮明にすることができます。

ズームをする場合、画面左側にあるアイコンを上下させることによってズームができます。

ズーム前

ズーム後

 

 

写真撮影

画面右側にあるカメラマークをタップすると写真が撮影されます。

この時点では写真は端末には保存されず、破棄をするとなくなってしまいますので注意してください。

右側の保存を押すことで端末へ保存が可能です。(保存をする場合、カメラへのアクセスを許可する必要があります。

シェアは今の所ツイッターへのシェアができるようになっているようです。

一旦端末へ取り込まずともできるっぽい?ので、ツイッタラーの人はぜひ!

また、撮影モードは通常のスクリーンショットとは異なり、キャラの名前や操作アイコン等が消え、右下と左上にロゴと撮影者の情報などが記載されます。

撮影した写真の違い

通常のスクリーンショットで撮影時

撮影モードで撮影時

 

Autoモード

Autoモードにすれば戦闘を自動で行なってくれるようになります。

とはいったものの、意外と使う機会はない気がします。

というのも、パーティに参加すると大抵”追走”モードやら自動モードやらに入り、自動で移動と戦闘をしてくれるんです。(便利やぁ

ただ、ソロのクエストの場合にきれていたら自動にするくらいかなと思います。

意外と狩りで経験値を貯めたりとかしなくてもいいんですよね…このゲーム(王国経験値に制限があるため。)

そんなこんなで切り替えなんかができるようになってます!

あれ?勝手に攻撃しないなって思ったら確認してみてください。

ちなみに…グループメンバーにオートかどうかバレる?かに関してですが…

明確にしているとバレることはありません…しかし、明らかにAIの挙動(意味わからない方向に歩いて行ったり)するので、目ざとい人にはすぐにバレるでしょうね。

簡単なクエストや護衛クエスト、王国イベント程度なら自動でもいい気がしますが、難しいクエストなんかでは手動でしっかり攻撃避けたりしたほうがいいと思います。

まとめ

ここではよくお世話になるコメントなどについて解説しました。

また、エモーションなどはどちらかというとただ楽しむためのコンテンツですが、ぜひグループを組んだ時などに軽くすると充実したコミュニケーションが取れるのでぜひ!

あんまり連打すると感じ悪いですが、数回程度なら感じいいので!

あと写真撮影も楽しいからぜひしてみてくださいね!

それでわ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください